キャッシング情報

キャッシングを使いたい場合に役立つpomocのまとめ情報

継続的な安定収入とはどのようなものか?

カードローンを申し込む際の貸付条件として、必ず掲げられているのが、年齢条件のほかに、継続的な安定収入があることという要件です。

 

継続的な安定収入が求められるのは、借りたお金を確実に返済してもらうためです。カードローンは審査によって定められる一定の利用限度額の範囲であれば、何度でも借り入れが可能です。

 

一方で、毎月返済をしていく必要があります。当然のことながら、借りるだけ借りて返せないでは成り立たないため、返済するための資力として、収入が継続的に毎月入ること、その収入が大きく変動するのではなく、安定的であることが求められるのです。そのため、どこかに勤務し、継続的な雇用が見込まれることが必要になります。

 

日雇いや単発でたまに働くだけというのでは、継続性や安定性は認められません。解雇のリスクが低い正社員は特に安定性が認められやすいです。

 

一方、契約期間が限られた派遣社員やアルバイト等はやや不安定となりますが、継続的に勤務していれば借りることが可能です。また、自営業者の場合は雇われるのではなく、自分の働きが全てとなります。

 

そのため、雇用されている人に比べると、審査基準はやや厳しくなります。それでも、営業年数が数年以上あり、毎年の所得が安定的にあれば借りることができます。

安定収入で利用可能となる銀行からの低金利の借り入れ

安定した収入さえあれば、金利が低くて条件の良いオリックス銀行カードローン審査基準には合格できる可能性が高いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ