キャッシング情報

キャッシングを使いたい場合に役立つpomocのまとめ情報

キャッシング事情について

消費者金融は、数年ぐらい前に、マスコミや国会で大きな問題としてとりあげられる以前は、サラリーマン金融や団地金融などと言われており、出資法の上限である、年利109.5%の高利で貸していたところが大半でした。

 

融資額は当時と現在の物価事情の違いもありますが、基本的に50万円まで貸すところも多い現代のキャッシングと違い、10万円程度ぐらい貸すところが多かったです。契約や借り方も、現在主流となっている無人契約機やインターネットでの契約や、ATMでの貸し借りというのは当然なく、対面与信が原則で、直接店舗へ行き契約や貸し借りを行うということが当たり前でした。

 

取立や督促も、現代のキャッシングに比べると格段に厳しく、現在では貸金業法で違法になっている強引な行為も普通に横行していました。当時は消費者金融に対する規制法がなかったため、業者側は貸付も取立もやりたい放題で、暴力行為や脅迫行為といった、規制法などといったこと以前の刑法違反の行為も一部行われており、現代のヤミ金融とあまり大差のない業者も少なくありませんでした。

 

それでも当時は、銀行などの金融機関が個人向けのキャッシングに消極的であったため、多くの人がサラリーマン金融や団地金融のお世話になっていたと推測されています。

当時に比べると安心出来るようになったキャッシング

昔に比べれば今のキャッシングは良心的であり、準大手とされるようなダイレクトワンからお金を借りる場合であっても、上限金利は20%までとなっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ