キャッシング情報

キャッシングを使いたい場合に役立つpomocのまとめ情報

カードローンを申し込む際の貸付条件として、必ず掲げられているのが、年齢条件のほかに、継続的な安定収入があることという要件です。

 

継続的な安定収入が求められるのは、借りたお金を確実に返済してもらうためです。カードローンは審査によって定められる一定の利用限度額の範囲であれば、何度でも借り入れが可能です。

 

一方で、毎月返済をしていく必要があります。当然のことながら、借りるだけ借りて返せないでは成り立たないため、返済するための資力として、収入が継続的に毎月入ること、その収入が大きく変動するのではなく、安定的であることが求められるのです。そのため、どこかに勤務し、継続的な雇用が見込まれることが必要になります。

 

日雇いや単発でたまに働くだけというのでは、継続性や安定性は認められません。解雇のリスクが低い正社員は特に安定性が認められやすいです。

 

一方、契約期間が限られた派遣社員やアルバイト等はやや不安定となりますが、継続的に勤務していれば借りることが可能です。また、自営業者の場合は雇われるのではなく、自分の働きが全てとなります。

 

そのため、雇用されている人に比べると、審査基準はやや厳しくなります。それでも、営業年数が数年以上あり、毎年の所得が安定的にあれば借りることができます。

続きを読む≫ 2014/11/26 13:27:26

複数のカードローン会社から複数の借金をしてしまうと、どうしても毎月の返済を何度もしなければいけなくなります。なぜなら、各カードローン会社の返済日は異なることが多いからです。返済日が毎月、何度もあるのと、どのようなデメリットが発生してしまうのでしょうか。

 

まず、返済日が複数あるので何度も返済しにいかなければいけないという手間がかかります。時は金なりという言葉があるように、その手間がなければその分稼げるかもしれません。その稼ぐための貴重な時間を返済作業にあててしまうのは非常にもったいないことなのです。

 

2つ目のデメリットは、すべての返済日を把握しているつもりでも、仕事や他のことで忙しくなると返済日を忘れてしまうというリスクがある点です。返済日を忘れて入金をしないと大変なことになります。入金を忘れて延滞扱いになってしまえば、その履歴が信用情報機関に残ってしまい、次回のキャッシングやその他のローンが借りられない可能性が高くなってしまうのです。

 

このようなデメリットを早期に回避するためには、プロミスのような安心度の高い大手カードローン会社で借金をおまとめしてしまうことです。プロミスなら利息も低いし、その他の条件も他社と比べて非常に良くなっています。まずはプロミスの相談窓口の専門家に相談してみましょう。

続きを読む≫ 2014/11/26 13:27:26

消費者金融は、数年ぐらい前に、マスコミや国会で大きな問題としてとりあげられる以前は、サラリーマン金融や団地金融などと言われており、出資法の上限である、年利109.5%の高利で貸していたところが大半でした。

 

融資額は当時と現在の物価事情の違いもありますが、基本的に50万円まで貸すところも多い現代のキャッシングと違い、10万円程度ぐらい貸すところが多かったです。契約や借り方も、現在主流となっている無人契約機やインターネットでの契約や、ATMでの貸し借りというのは当然なく、対面与信が原則で、直接店舗へ行き契約や貸し借りを行うということが当たり前でした。

 

取立や督促も、現代のキャッシングに比べると格段に厳しく、現在では貸金業法で違法になっている強引な行為も普通に横行していました。当時は消費者金融に対する規制法がなかったため、業者側は貸付も取立もやりたい放題で、暴力行為や脅迫行為といった、規制法などといったこと以前の刑法違反の行為も一部行われており、現代のヤミ金融とあまり大差のない業者も少なくありませんでした。

 

それでも当時は、銀行などの金融機関が個人向けのキャッシングに消極的であったため、多くの人がサラリーマン金融や団地金融のお世話になっていたと推測されています。

続きを読む≫ 2014/11/26 13:27:26

身近な人に急な不幸が訪れたり、入院する事になったりと理由は様々ですが、纏まった資金が必要になるシーンというものが、日常生活には溢れています。貯蓄がなく、どうしてもそのお金を融通する事が出来ない場合は、キャッシングサービスの利用をお勧めします。

 

親元を離れ、一人で生活を始めた時点から、家計は別個のものとなり、それぞれが責任を持って管理しなくてはなりません。親兄弟や親戚、友人からお金を借りる事になると、相手に不快な思いをさせるだけではなく、最悪の場合親子とは言えど人間関係に皹が入ってしまう恐れがあるのです。

 

あらゆる精神的な負担を避けたい時こそ、キャッシング業者が心強いパートナーになってくれるはずです。今の時代、申し込みから融資が実行され、私達の口座に融資額が振り込まれるまで、Webで完結させる事が出来るのは何より魅力的です。店舗スタッフと対面する気恥ずかしさ、何度も返済の為に店舗やATMまで足を運ぶ手間というものが省けます。

 

金利は日割り計算で行うところが多いので、給料やボーナスが入った時に、一括して返済するとそれを安く抑えられるので、お得です。なかには一定期間、無利息のキャンペーンを行っているキャッシング業者もありますので、ぜひ上手に利用して下さい。

続きを読む≫ 2014/11/26 13:27:26

カードローンにはいくつも申し込み方法がありますが、近年、もっとも多く利用されているのがインターネットによるものです。基本的な流れは、どの方法でもあまり変わりませんが、ネット申し込みは自宅にいながらでも融資を受けることができるので非常に便利です。

 

利用方法は簡単です。まず、会社の公式サイトから申し込みページにアクセスします。そこに申し込みフォームが設置されているので、連絡先や職業関係の個人情報と、他社借入件数や金額などの必要項目を入力しましょう。

 

当たり前のことですが、全て正直な情報を入力してください。特に他社借入などを行っている場合は、個人信用情報機関のデータベースに利用履歴が残っているので、すぐに調べられてしまいます。

 

入力後、情報を送信すると、すぐに審査が始まります。そして、早い会社であれば、30分でメールか電話で結果が知らされます。審査に通れば、融資限度額までのお金を借りることができるようになりますが、即日融資を希望しているのであれば、平日14時までに本人確認書類を提出することが条件になっているカードローン会社が多いので注意してください。

 

お金は指定した銀行口座に振り込んでもらえますからスピーディーです。

続きを読む≫ 2014/11/26 13:27:26

ホーム RSS購読 サイトマップ